2016年10月21日

やってみると楽しい!初めての仮装・ハロウィンパーティ

昨年の10月より、みっちゃんは外語大学グループの英語教室に通い始めました。

年間を通して様々なイベントが同グループの大学で実施されるのですが、今回初めてハロウィンパーティに参加しました。私とパパも、人生初のハロウィンパーティです。

仮装は、「スター・ウォーズのルーク」と、みっちゃんの揺るぎない熱い要望で、もう早くから決まっていました。笑


知らない人のために、ルークとはスター・ウォーズシリーズのエピソードW〜Yの主人公です。
この写真中央です。

ルーク役のマーク・ハミルさんを画像検索して、何を用意しないといけないかみっちゃんと幾度となく話し合って仮装した結果がこちら。
IMG_2297.JPG
新たに買ったのは上に羽織っている2千円の半纏。
はじめは柔道着を買おうか悩んでましたが、4千円以上するし、生地も固いのでギリギリまで悩み、こちらを探し当てて買いました。
着心地もよく、お天気がいいと汗ばむ陽気の10月には中にTシャツ1枚でちょうど良かったです。
ベルトは私の、パンツは友人からのお下がり、ブーツは前から愛用しているもの、ライトセーバーは私の弟のお下がりです。
投資額の割にはなかなか納得のいく仕上がり。
パーティ会場でも、外国人先生から
「Jedi(ジェダイ)!!!」
とか、みっちゃんと同じようなスター・ウォーズフリークの子たちから
「ルークだ!ルークがいるよぉっ!!!」
と絶叫されていました。笑

ただ、ハロウィンパーティって、派手な格好の人が多いので、みっちゃんのはかなり…地味。笑
華々しさはないけどわかる人にはわかる、という仮装でした。(本人の満足度が大事!笑)


肝心の英語は、パーティ自体は英語もちょろっとするけども、それよりもハロウィンパーティを楽しもう!!という雰囲気の方が強くて、なぜか吉本の芸人さんやジャングルポケットさんのライブがあったりでみっちゃんも生ガッツ王子に会えて喜んでいました。(多分)

フィジーで強制的に外国人と英語を話さないといけない環境に身を置いたからか、それともお菓子につられたからか、初めは物怖じしたものの、「Trick or treat!」「Thank you」と、元気よく外国人先生に言えました。

帰り道では、すでに「来年はどんな仮装をするか」という話で盛り上がったので、一度やるとヤミツキになるようです。笑
パーティに仮装して来ていた子供達はみんなイキイキしていて、ハロウィンっていいもんだな!と思いました。
忙しいワーキングマザーなら、便利な仮装キットに頼っちゃうのが手軽に楽しめてオススメです☆
手作りでも既製品でも、子供の喜びの大きさは同じだと思います(^∇^)

ソラマチでもハロウィンイベントが毎年開催されているので、今年は週末に行ってみよかな、と思っています♪

<関連記事>
平日フリーの豊かさを知ってしまう(英語教室無料体験)
10月から初習い事スタート:英語教室、順調な滑り出し



BB8の衣装、かわいい♡


大きなかぶ、のかぼちゃver.です。
毎年この時期になると読む頻度が増す本。
それぞれの登場人物で声色を変えるとみっちゃんは大喜び。


posted by youzi at 08:56 | Comment(0) | 英語教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年12月05日

「今日のマンションはscary〜だね!」:英語教室3ヶ月目

みっちゃんが英語教室に通い始めて3ヶ月目に入りました。
入会当初、教室のメンバーは3名でしたが、あれよあれよと言う間にメンバーが増えて、結局今は7名になっているものの、タッチの差で早く入会したみっちゃんは先輩ヅラして張り切っているようです。笑

お友達とケンカしてしまった日なんかもありましたが、それでもみっちゃんなりに楽しく通えているようだし、2ヶ月通って小さな小さな成果も見えています。
始めるタイミングも大きいとは思いますが、家でDVDを観るよりも(WKE)、教室に通った方が成果は上がりやすいようです。

英語教室に通い始めてから
「Sunday,Monday,Tuesday,...」
の歌が大のお気に入りで、始めの1ヶ月は歌詞はデタラメだけど機嫌良く大声で歌うのを放っておいたら、徐々にきちんと曜日が言えるようになり、今現在、ほぼ歌えている気がします。
ただ、最後の
「Sunday comes again」
を、どうしても
「サンデ マンザゲン」
と言って直らないのが気になります。笑

数字も覚えてきたようで1人でレゴしながら「one,two,three…」
と、tenまで数えていました。
でも、なぜか「eight」がぬけるんですけどね…

この間はみっちゃんの提案で、うちで英語教室ごっこをしました。
レッスンの流れを、みっちゃんが先生、私が生徒役でやり、歌を歌ったり、カード遊びやワークブックを使ったり、みっちゃんがいろいろ教えてくれました。

また別の日には、帰宅後、マンションのエレベーターと廊下に珍しく虫がいたので二人でキャーキャー言っていたら、突然
「今日のマンションはscary〜だね!」
と、みっちゃんが言ってきました。

簡単な感情表現は、Glad Monster, Sad Monsterで少しは頭に入っていたかも知れませんが、英語教室のカード遊びで定着したようです。

英語教室でのカード遊びのやり方は、感情(hot/cold/happy/sad/....)のアルファベットと絵が書かれたカードを裏返しにして先生が持ち、生徒がそれぞれ1枚引きます。
カードを見て、先生がそれぞれが持っているカードごとに、何が書いてあるかをたずねるので、
「scary!」
など、カードに書かれている言葉を答えます。
それから、
「Are you 「scary」?」
と質問をして答えるという遊びです。
答え方は
(noの場合は)「No,I'm not」
と答える時に、人差し指を立てて、左右に振るんですが、その仕草がめちゃ萌えるんですよねぇ。笑


今年度は、単語を覚えていったり、アルファベットを書くことを始め、数年かけて徐々に文章につなげていくのが目標のようです。
いつまで続けるか分かりませんが、とにかくみっちゃんが楽しんでくれているようで良かったです。
「これ、英語でなんて言うの?」
という質問も増えたし、ちょっと今はブームのようです。


ちなみに、12月1日から、来年度の歌舞伎レッスンのプレエントリーが始まりました。
迷ったのですが、来年度は見送ることにしました。
私の体調がまだ不安定で、平日の疲れで週末は動けないような日もあり毎週銀座まで通わせるのは厳しいな、ということで。
みっちゃんには申し訳ないけど、仕方ないですね。
なので、来年度は英語教室を土曜日に持ってくると思います。

とにかくしばらくは1本集中。
私もできるだけ頑張るみっちゃんを応援しようと思います。

<関連記事>
10月から初習い事スタート:英語教室、順調な滑り出し



風呂好きのみっちゃんのためにパパが買ってくれました。
何個覚えられるかな〜

posted by youzi at 23:10 | Comment(0) | 英語教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年10月08日

平日フリーの豊かさを知ってしまう(英語教室無料体験)

共働き家庭のお宅では、未就学児の習い事をどのように運用しているのでしょう?
週末にまとめて対応していますか?

今年度に入り、お友達に英語教室に通い始めた子が増えたからか、
「みっちゃんもえいごきょうしつ行きたい」
と言うようになりました。

みっちゃんの英語教育について触れると、実はベネッセのWorldWideKidsEnglishに大金を投入しましたが(詳しくはこちら→英語教育カテゴリー)、
・ワークショップの開催地が新宿で遠い(週末の行動範囲はもっぱら自転車圏内)
・大人数で歌って踊ってにみっちゃんが興味極薄
ということで、足が…遠のいております。
予約しないと参加できないワークショップは、意志が弱く面倒くさがり屋の私たちに、強制力が足りな過ぎるようです。
入会した時の強い意志は何処へ…!!!
(教材では時々遊んでますけどね)

で、先日たまたまポストに英語教室のちらしが入っており、目にとまりました。
その教室が
・自転車圏内、駅近なので電車(最寄駅から2駅)でも通学できる
・外国人の先生のコースがある
(・よく行くコーヒー屋さんの近く)
という条件だったので、パパにも相談して外国人先生のコースを無料体験することにしました。

無料体験に行ったのは土曜日の午前中でした。

行ってみると、未就学児の生徒が6-7人いて、外国人の先生1人、日本人の先生1人という構成。
広くはない教室に、先生と生徒たちがひしめき合っているように感じられました。
4月入学の生徒さんが多いので、みんな手慣れた様子で教材を出し、歌ったり、先生の質問に答えたり。

みっちゃんはと言うと、教室に入るやいなや、ママにへばりついて離れなくなりました。

え?

歌舞伎の1日体験の時とはえらい違いです。
(→アホ男子過ぎた和稽古1日体験

この日は結局ママから全く離れず、「帰りたい」の一点張りでどうしようもないので途中で諦めて帰ることにしました。
仕方ないのかも知れませんが、夫婦でがっかり。その日は教室の近くにあるお気に入りのお店でコーヒーを飲んで帰りました。

そのパパとママのがっかりを察知したのか、しばらくしてみっちゃんが
「(英語教室に)もう1回チャレンジしたい」
と言い出しました。
みっちゃんがそう言うのなら!、と(できれば英語習って欲しいし)英語教室に電話をしてもう一度体験させてもらうことにしました。
今回は、土曜日の都合が悪かったので、火曜日の午後の時間でした(火曜日は私が通院することが多いので、出勤日にしていません)。
この日は日本人の先生コースの日で、みっちゃんが「外国人の先生はお顔が(日本人と)ちがってドキドキするからいやだ」と言っていたこともあったので、授業の様子を前回と比べてみることにしました。

保育園をいつもより早く切り上げて、火曜日の教室に行ってみると、なんと、生徒が3人だけ!
開始直後こそ、ママにべったりのみっちゃんでしたが、人数が少なく、ペースをみっちゃんに合わせてもらえたこともあって次第に調子づいてきて、「たのしかった!」と言って体験を終えることができました。

この英語教室は、日本人先生コースと外国人先生コースで月謝が異なり、外国人先生コースの方が高く設定されています。
教室の定員は8人なので、満員のクラスでは先生の目が行き届かないこともあると思うのですが、そう考えると今回体験した平日のクラスは、日本人先生コースで月謝が安い上に、先生1人に対して生徒が3人なので、お得な気がします。
先生の英語力も申し分ないレベルでした。

週末は満員で入れないクラスもあり、空きのあるクラスでも生徒数がすでに6-7名とのこと。

平日の習い事なんて、今まで考えたこともありませんでしたが、平日にお休みのある家庭では、週末よりも空いている平日に通わせることができるんですねぇ…
たった一つの英語教室を見ただけですが、平日と週末の差にいささか衝撃を受け、初習い事の滑り出しだけでも、のびのびした環境でやらせてあげたい、なんて欲が出てきてしまいました。笑


私のバセドウ病も快方に向かいだし、そろそろ出勤日を増やそう、と思っていたタイミングなだけに、悩みます。

通い出せばどんな教室でも多少は慣れるとは思うんですけどね。

そもそも、英語教室を追加せず、WKEでもっと頑張ってみては?
日本人の先生でいいならさらに近い教室も体験してみる?
土曜日に英語教室を入れちゃうと、来年度から歌舞伎が習えなくなるんじゃない?
なんて、英語教育を始めるかどうかだけでも悩みが尽きません。

初期費用がそこそこかかるのが要因だと思います。
しばらく悩むことになりそう…


<習い事関連記事>
ヤマハ音楽教室(幼児科)を体験した結果(2014.5.10)
→ちなみに、通っていたお友達はピアニカができず発狂するようになったらしく昨年度いっぱいで辞めたそうです…
10月から初習い事スタート:英語教室、順調な滑り出し



Glad Monster, Sad Monster
英語は分からないけど、エンバリーおじさん好きなみっちゃん。
感情を表す英単語を知らず知らずに覚えていることが英語教室で分かりました。

posted by youzi at 17:38 | Comment(0) | 英語教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。