2013年04月19日

ママ友にお迎えをお願いした結果

昨日は、同じマンションのママ友にみっちゃんのお迎えをお願いしました。

ママ友宅にはみっちゃんと同じ保育園に通う5歳クラスのお兄ちゃんがいて、登園のタイミングがよく一緒になったり、たまにうちを行き来して遊んでいる仲です。

そのためか、ママ友がお迎えに行っても特に抵抗することなく、おうちに着いてもお兄ちゃんと楽しく遊び(お目当ての大きいレッカー車とトーマスのプラレールで遊んだらしい・みっちゃん談)、ごはんも食べて、おふろも泣かず、終始順調だったようです。
うちのすぐ下の階で間取りが同じだったこともあるのかも?

20時には私がママ友宅にお迎えに行こうと思っていたのですか、仕事が終わらず…パパにお願いしました。
私は21時に帰宅しました。こんな遅い時間(笑)に、1人で外を出歩くのは久し振りでしたよ。

パパが迎えに行った時は喜んでいたそうです。

16時半頃、保育園にお迎えに来てもらい、20時まで遊んでもらったので疲れたことでしょう。
自宅に帰ってからはパパとずっとレゴで遊んでいたそうです。

私は帰宅後急いでごはんを食べ、シャワーを浴びてあがると、「みっちゃんも入る!」と、シャワーを浴びると言いました。
「みっちゃんはお兄ちゃんと入ったでしょ?」と言うと「おうちで入りたいの」と、いつもお風呂を、嫌がるのに珍しい発言!
う〜ん、2歳児ながら何かしら思うところがあったのでしょうね…。「我が家が1番」的な?(ジジくさい)
でも、もう時間も遅かったのでとりあえず2度目のお風呂はご遠慮いただき、絵本を読んでから寝ました。

寝る前に、「またお兄ちゃんのおうち行きたい?」と聞いてみると「うん。」と答えてから「でも、もう遅いよ」と言うみっちゃん。
いやいや、これから遊びに行くわけではなくて…^_^;

とりあえずみっちゃんが楽しく過ごせて良かった。
今朝、ママ友に保育園で会ったのでお礼を伝えておきました。
今晩お礼のお菓子を持って行くつもり。

パパにも協力してもらい、初・ママ友お迎え依頼はなんとか無事に終わりました。



posted by youzi at 09:01 | Comment(2) | 子育て>2歳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年04月17日

初の試み:お迎えをママ友にお願いしてみる

まだ水曜日だというのに、130%回転勤務はかなり疲弊するようで、すでにボロっとなりかけています…。毎日チョビ残(ちょびっと残業)だし。

4月の頭から画策していた作戦を、明日ついに実行することになりました。
作戦とは、同じマンションで、みっちゃんと同じ保育園に通う子がいるママ友に、みっちゃんのお迎えをお願いするのであります\(`・ω・´)!

移転準備で、今週金曜日に業者が溶解処理の書類と、倉庫行きの書類を回収しにくるのですが、私が担当の書類はまだ手付かずです(汗)。
残業は極力しないよう心掛けていますが、さすがに今回は無理です。
明日中に給与・賞与計算を締めて、金曜日に給与・賞与明細を印刷、封入、各拠点に発送です。21事業所あり、更に休業者や退職者は個人宅に発送、なんてやってるとこの作業だけで1日終わっちゃうのです…。
箱詰め作業の時間がどう考えても見当たらないので(苦笑)、ママ友にみっちゃんのお迎えお願い作戦を、ついに決行することにしたわけです。

ママ友宅のお子さんは今年5歳のお兄さん。
みっちゃんのことをとてもかわいがってくれますし、おうちにはみっちゃん垂涎のおもちゃが数多あります。
たまたま昨夜もみっちゃんとそのお兄ちゃんの話になり、「お兄ちゃんのおうちにみっちゃんあそびにいきたいな〜。ママ、でんわしといて」と言われました(笑)。
今朝たまたま登園時間が一緒だったので、明日お願いできるか確認し、改めてOKをもらい、みっちゃんは大喜びで自転車の後部座席で暴れていました。

明日は保育園バッグにパジャマも入れておき、夕飯&お風呂までお願いするつもりです。(←あつかましい)
ママ友宅には何度か遊びに行っていて、お料理上手なのも確認済みなので安心…。
みっちゃんが偏食だから食べないかも知れないけど。

バリっと働くワーママのブログなんかを見てると、ジジババが高頻度で登場するので、親元から離れてる我が家(私)が、彼女たちと同じように働き、なおかつ子供達の心もフォローするのは無理だ、と諦め、そしてジモティーの人たちを羨んでいる、というのが素直な気持ちです。

でも、うらやましがっていたって、ドラえもんからどこでもドアがもらえる訳じゃないし、ただ悶々とするだけで発展がないので、今回、このような試みを実行することにしました。

みっちゃんが0歳クラスの時から「いつかは…」と、人間関係を築いて狙っていたので2年越しの計画の実行です。

何事もなく実行されるよう、強く、強く願いつつ、ちょっと楽しみにしています。
今晩はいつも以上にいっぱいみっちゃんとラブラブしておきます。

posted by youzi at 18:06 | Comment(0) | 子育て>2歳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年04月12日

見事な家庭内感染

先週金曜日の11時頃、みっちゃん39.3度の発熱で、丸3日間39度以上の熱が続き、4日目に下痢をして、整腸剤をもらってからはほぼ回復しました。

ところが、パパが10日(水)早朝から発熱して会社を休み、私が同日お昼前から会社で体調不良となりました。
会社の近くにいい耳鼻ががあるので帰りに寄っていっても良かったのですが、あまりにも寒かったので、明日の朝立ち寄ってから出勤しようと思い、帰宅。
帰宅して熱を測ると38.3度でした。
パパも同じくらいの熱の高さでしたが、「もう今にも死ぬ」みたいな形相だったので、買って来た冷凍うどんを私が用意してみんなで食べました。
みっちゃんが体調を崩してから冷凍うどんのお世話になり続けています。
帰りに薬局にも寄ったので、2人とも風邪薬を飲みましたがほとんど効果はありませんでした。

次の日、起き抜けは38.3度だったので、仕事に行こうと準備をしていると、体調崩して気の立っているパパから「そこまでして行かなきゃいけないわけ?どうかしてるよ」と言われカチン、と来ましたが「風邪薬が全く効かなくってこんな高熱が続くんだからインフルエンザかも知れないよ。来られたら迷惑だよ」とも言われ、会社の近くの病院ではなく、うちの近くの病院にパパと行くことにしました。
父母共倒れで寂しい思いをしているみっちゃんに、保育園で大泣きされ、帰ってくると熱は39度まで上がっていました。
不運なことに、近くの内科が休診日だったので、1番近い総合病院にタクシーで行きました。
この病院にはいつも救急や、今回のように近くの内科が空いてないけどどうしても受診しないといけないような重症な時しかこないので、いい思い出がありません。また、先生との相性も良くなくて、ある若い先生の患者をバカにしたような態度が気に食わないのですが、いつもその先生に当たってしまうのです…。
受付を済ますと、インフルエンザかも知れないから、と通路の端のパイプ椅子に1時間も座らされ、検査の結果インフルエンザでなかったので血液検査と点滴をすることになったのですが、ベッドが空いていないからと、2時間の点滴をパイプ椅子でさせられ、ほんとにますますこの病院が嫌いになりました…。

と、文句タラタラですが、血液検査結果から2人とも胃腸炎に反応があったので胃腸炎の抗生剤を点滴し、飲み薬も出してもらい、私はほぼ回復して全身痛いですが出勤中です。
パパはまだ熱が38度以上あるのでまたあの病院に行くようです。

子供からもらう風邪はキョーレツ、とよく保育士さんがおっしゃるのですが、ほんとその通りでした…。
早く帰って寝たいです。

posted by youzi at 09:17 | Comment(0) | 子育て>2歳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。