2017年02月21日

やっぱりね…薬物3倍から1ヶ月、さらに悪化

甲状腺ホルモン値が、先月からまた微妙に悪化しました。

12月にバセドウ病が再発して1月にかなり悪化し、それから薬物量を増やして1ヶ月様子をみましたが、2月の検査結果は1月よりさらに、悪化しておりました…

確かに、検査をした日は体調が悪い自覚がありました。
ただ、その3日後から体調がよくなり出して、結果を聞きに行った今日は久々に朝の頭痛もなく、心拍数も落ち着き気味で、体感的には少し前に比べれば楽になっていました。

1月から2月にかけてが1番悪化を感じていましたが、その時の症状にはこんなものがありました。

・手足の震え
・少し動くだけで心拍数が100を超える
・心拍がうるさい
・すぐに疲れる、常にだるい
・体は疲れてるのに頭が冴えて眠れない
・頭痛
・肩こり
・思考が著しく鈍る
・車酔い(通勤電車でも気分が悪くなる)
・じっとしていられないくらい背中が痛い
・イライラが我慢できない
・下痢
・体重減少

今は、すべての症状がなくなったわけではありませんが、かなり軽くなっていて、体がうんと楽です。

数値的にはメルカゾール1日6錠処方したい状態だそうですが、私の「体調よくなった」という感覚を先生が尊重して、朝だけ倍量の2錠、昼、夜は今まで通り各1錠の、1日合計4錠で3月まで様子をみることになりました。
2014年11月に初めてバセドウ病で病院にかかり、今は数値的には2014年の12月上旬と同じくらいなのですが、当時とはまったく体調が違うので不思議なもんです。

メルカゾールはすぐに効果が出るというよりかは、体に蓄積されてきて効果が出はじめるようで、数日前からやっと薬が効き出したのかも知れません。

出国までにもうひと月を切ったので、今の病状で日本を離れるのは不安がありますが、とりあえずできる限り安静に過ごして少しでも安定に持ち込めるようにしたいと思います…

日本での仕事も、あと少しで終わりです…!


<2014年12月の体調・関連記事>
転院後初血液検査の結果
かゆみと不眠と

<最近の体調・関連記事>
メルカゾール中止から半年、バセドウ病再発です
再発から1ヶ月、さらに悪化…


リラックスタイムには基本、大好きなコーヒーを飲むのですが、1日2杯までと決めてるので、近頃は非発酵のルイボスティーを気に入って飲んでいます。
よく売られている発酵ルイボスティーに比べ、さっぱりしていて渋みも少ないです。


posted by youzi at 19:59 | Comment(0) | 体の変化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。