2017年02月15日

居心地のいい場所へ

今回は転職にあたり感じた個人的なことを綴ります。

少し前に、転職先の関係者の方々と食事をしてきました。
私の転職先の日本法人は、私が新卒入社した会社でご縁があった方々と、つながりがあります。

久々にお会いして、昔一緒に働いていた頃の話や、プライベートも含めた近況などで盛り上がりました。

転職先は技術系のスタートアップで、私が働く海外の支店はその会社のデザインオフィスです。
集まったメンバーは私が社内シスマネをしていた時に深く付き合った方々なので、話題は新旧織り交ぜたゲームやネットワークシステム関連が中心でしたが、皆さんその道のプロなので、話題に対する造詣が大変深く、知的好奇心がくすぐられ続ける時間でした。

私は彼らに遠く及びませんが、幼い頃から父の書斎にはワークステーションがあり、マッキントッシュを使ってお絵描きしたり、ファミコンから始まりツインファミコン、PCエンジン、スーファミ…と歴代機で遊び、新しいもの好きの父のおかげで、新製品シャワーを浴びて育ってきました。
そんな懐かしい思い出を共有したり、好きなものや興味を持ったものに時間もお金も存分に投資する彼らに、憧れと尊敬のような気持ちもあり(笑)、物理的距離はありますが、仕事を通してまたつながれることが嬉しくて、ワクワクしています。

技術系の会社のいいところは、新しい技術が搭載された商品やゲームは、社内で誰かしらが使っていて、いつも誰かから話を聞いたり実物を見たりできるところで、この業界を離れて初めてその恵まれた環境に気が付きました。

アメリカの調査結果になりますが、
卒業後5年の給与で調査、最も「費用対効果が良い」専攻は?:ForbesJapan
"最も“カネになる”専攻分野はコンピューターや数学、工学関連"
と言うことで、仕事の研究や趣味に投資できるだけの十分な収入があるんですよね。
入社5年以内に限らず。

経済的な困窮がないので変な妬みとかもなく、勘ぐりとかせずに自分の愛機や生活を披露できるって幸せなことだったんだなぁ、と他業界に転職して、よく思いました。
なんと言うか、「好きなものを好きって言っていい幸せ」、というか。

現職では、
「社会的に必要な産業なんだから、介護にもっと興味を持たないと…!」
「興味が湧かないのは自分が未熟なせいだ…」
と、業界に馴染めず、好きになれずに苦心していたので、自分の好きだった業界に戻れることにホッとしています。


とは言っても、復帰しておしまいでなく、これからはまた違った苦労が続きます…
冒頭でお会いした方の1人が、私のPCをセットアップして下さる予定で、
「OSは、Windowsで、日本語でお願いします」
と先制・念押ししたところ、
「いや、英語OSに慣れた方がいいですよ」
と、OSは英語でセッティングされることになってしまいました。
私の小さな国際化第1歩が、パソコンから始まる予定です…(でも、Officeは日本語にしてもらいました・笑)。

不安になろうと思えばキリがないくらい不安要素を挙げられますが、まぁどうにかなるさ、海外で働かせてもらえるだけでも儲けもん、くらいで今はいたいと思います。


<関連記事>
入社して5年が経ちました・人事としてキャリアを積みたいから悩むこと
去年の自分へ報告:よく頑張ったね、あなたの頑張りのおかげで望んでた業界に戻れるようになったよ。そして、軸足は国際化に向けることに決めたよ!!



とにかく英語を…どうにかせねば、でこちらに倣ってかなりのローペースでやってます。


2サイクル目、突入!
1サイクル目はもうどうしようもないヘボヘボっぷりでしたが、2サイクル目で向上が見られます。うれしい!!


posted by youzi at 22:29 | Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。