2013年04月28日

ライフプラン更新(2013/4/21)

昨年、我が家のライフプランについて概要を記事にしました。

ライフプランについて(概要)2012年4月12日

みっちゃんのお誕生日の日、みっちゃんがお昼寝をしている間に時間が取れたので、今年度の保育料も決まったことだし、パパとライフプランの見直しをしました。
我が家のライフプランは、定年60歳、65歳から年金受給開始、パパ82歳、ママ87歳まで生きることにしていて(苦笑)、子供は2人で作成しています。

11月にパパからボスへの直談判で、賞与の比重の大きかった所得を月々の給与に振り分けてもらい、月給が大幅UPしたため、11月でもプチ更新をしましたが、今回は新年度になり変更になった保育料の他、実態に合わせて修正をしました。

ライフプランに盛り込めない賞与の比重が下がり、月給が上がったことで「う〜ん、厳しいな〜」と思っていたところに少し余裕が出ました。
支給額が不安定(←私たちの場合は)な賞与より、月給の割合を高めた方が、ライフプランを立てやすく生活が安定する上、万が一、病気や怪我で会社を休業するような事態になった場合、月給を元に計算される手当額も増えることになります。
今は住宅ローンのボーナス払いがあるので、それを月で割って月給から引き当てていますが、近々借り換えをしてボーナス払いはなくす予定です。
今年から賞与はほぼ、業績の達成率や利益に比重して支払われるそうで、住宅ローンのボーナス払いも月給から積み立てるため賞与を引き当てる費目はなく、支給されれば自由に使えるお金となりますひらめき
最悪0でも、まぁなんとかなるので
パパ、グッジョブ!! 
こぼれ話、10年ほど前までは、賞与に対する社会保険料率が低かったため、賞与の割合が高い方が手取額が多かったのですが、総報酬制が取られてからは給与も賞与も同率で社会保険料が徴収されるようになりました。
なので、同年収なら、支給額が不安定な賞与に期待するより月給で毎月保証された額が支給される方がいろいろと安心です手(チョキ)

さて、ライフプランに話を戻して、今回の見直しでの変更点。

<支出>
1、お小遣いを2割増し
 私としたことが(?)、11月の給与改定後増額していたのをこの日知りました。
 増額した差額が遡って6ヶ月分あるのか、うっしっし、と思うの半分、知らなかったんだからそれはそれでいいか、と思うの半分。とりあえず5月から新お小遣い額でやるつもりです。

2、基礎化粧品の定期購入を固定費にねじこみ
 今までお小遣いから捻出していた基礎化粧品代を、別費目の固定費にしてもらいました。
 3ヶ月に1回の定期購入なので、3で割ってひと月分計上しています。

3、食費実態に合わせて4千円UP
 ここは、もう少し節約するべきか悩んでいるところです。
 ただ、私たち夫婦は「交際費」という夜の飲み会費がほぼないのでそれを考えればおうちでおいしいごはんを食べる支出がこのくらいあってもいいのかな〜、と思っています。
 簡単に書くと
 ・平日ランチ:外食
 ・定期宅配(oisix):乳製品、卵、果物、青汁、肉、魚など
 ・調味料:北野エース
 ・日々の不足分:ヨーカドー
 という感じ。週末1回くらい外食ですかね。
 みっちゃんが大きくなればその分また食費も上がるので、要検討。

4、保育料5千円、付随して延長保育料も500円UP
 保育料は今年が頑張りどころですね。2歳クラスまでは高いんです。
 3歳クラスからは今の階層なら1万円以上下がるので3歳クラスが待ち遠しい・・・(笑)。
 2年連続5千円以上のUPですが、昨年はこんなに上がると思っていないのでかなりビビりました。
 今年はまたこれくらい上がるだろうと思っていたので想定内です。

5、借り換えまでの住宅ローンボーナス払いを月で割って組み込み
 先ほども触れましたが、ボーナスに期待するのをやめて、ボーナス払い分を月給から積み立てることにしました。
 早く借り換えをして、ボーナス払いをやめたいです・・・

6、高額の電化製品、旅行、医療費などの臨時出費用の積立額を2万円UP
 パパの仕事(趣味?)柄、電化製品枠は結構必要。
 でも、研究開発費的な投資目的もあるところなのでそこはあまりケチケチ言わないようにしています。
 私も新しいもん好きの父親に育てられ、最新家電好きなので(笑)。
 旅行は、お互いの実家に帰省するだけですごい出費・・・。今年からみっちゃんの飛行機代もかかります。
 でも、それとは別に今年は旅行に行きたいな〜と思っています。
 ちょうど友達の大企業組が海外赴任世代に突入してちらほら海外に行ってるので、訪問したい!!!のですが、3歳児が欧州の長旅に耐えられるかを計り兼ねているところです。

7、貯金を3万円UP
 とりあえず、余剰分は貯金。2人ともいつ失業するか分からない身ですから。

<収入>
1、児童手当5千円DOWN
 みっちゃんが3歳になったためです。
 保育料はクラスで分けられるので、すでに3歳だけどまだ高額な2歳クラスのみっちゃんはちょっと損?
 児童手当は3歳になったところからDOWNです。
 保育料上がったのに〜〜あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)(涙)


変更点以上。

こうやって列挙すると、支出ばっかり増えて、しかも収入減って大丈夫?!って感じですが、ライフプラン上は貯金額が増えたので改善です手(チョキ)
給与額は上昇を期待せず横ばいで作成していて、老後のための目標貯蓄額を達成しているのでこの調子なら大丈夫かな、と。

人間は貪欲なもので、プラン上余裕があることが分かると、「もう少し教育環境のいい区に引っ越すのはどうだろう」とか「子供は私学に入れるか?」みたいなことを考えたくなってしまいます・・・
煩悩ですな。

月々の所得は上がりましたが、それに付随して社会保険料と保育料、住民税が上がるので、今回は結局実昇給額の6割くらいしか残らないんじゃ?という気がします。お給料が上がったからと、ヌカ喜びは危険ですね。
アベノミクス効果で、所得上昇の期待感から支出が増えているようですが、周りの贅沢風に流されないよう自分たちのスタイル、消費を維持したいと思います。
贅沢消費はシニアと所得のある人たちにお任せして(笑)。

そろそろ定年延長、年金受給年齢引き上げ対応版ライフプランも作らないといけないかもな〜と思っているところです。


ご利用は、計画的にグッド(上向き矢印)



posted by youzi at 07:46 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。