2016年09月30日

忘れ物で垣間見えた心の成長

いつも失敗すると、なぜか「もう!ママのせい!」と、みっちゃんから理不尽に八つ当たりされています…(涙)。
保育園の支度が不十分で、忘れ物があった時も、最終チェックをしなかった私のせい、ということでキレられていました(まぁ、それは確かに私も悪いんですが)。

(ご参考)2015年(年中の1月)から、保育園の準備が自分でできるように、引き出しに持ち物リストを貼りました。
<保育園>持ち物準備を自分でしてもらうために

去年から次の日の支度を自分でするようになり、毎日準備するものは頭に入ったみっちゃん。
この頃は、私も、支度をしたかどうか、必要なものをリュックに入れたかどうかを口頭だけで確認する日があって、リュックの中身まで見て忘れ物がないかをチェックする日が減っていました。

今日は、珍しくみっちゃんが忘れ物をしました。
朝、保育園で支度を始めて忘れ物をしたことに気が付いたみっちゃん。
「しまった〜」
という感情が、顔に出ていました。保育園の引き出しにいくつか予備があると思っていたようです。
忘れたのはハンカチとおしぼりなので、先生に言えば貸してもらえます。
少し前までは、忘れ物はママのせいで、先生に「貸して下さい」って普通にお願いできていました。

今朝は、忘れ物をしてしまった、失敗した、恥ずかしい!という気持ちが強かったようで、みんなに囲まれた状態の先生に言い出せず、先生だけに来てもらってようやく
「ハンカチとおしぼり忘れました。貸して下さい…」
と、ち〜いさな声で言えました。笑

この頃は、帰りに引き出しを見て足りないものを確認するのも、「ママ見ないで!」と言って自分だけで確認しています。
さすがにその状況で忘れ物をママのせいにはできなかったんでしょうね。

保育園にいる間は、忘れ物をしたらどうすればいいかを一緒に考えてあげられるので、今のうちにちょいちょい失敗するのもまぁいいか、と思えます。
この失敗を機に「やっぱりママが全部やって!」と逆戻りにだけはならないよう、こちらも踏ん張ろうと思います。


<関連記事>
幼児の生活の流れをスムーズに:絵カードの活用


posted by youzi at 09:06 | Comment(0) | 子育て>6歳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年09月28日

薬物中止4ヶ月:橋本病予備軍へ

「次回の血液検査は半年後にしようと思ってたけど、橋本病の数値が上がってるから、3ヶ月後だね」

自覚症状も全くない、微々たる数値ではありますが、今まで基準値内だった結果が今回の検査でいくつか異常となりました。
今まで治療してきた甲状腺を亢進させるバセドウ病とは逆の、甲状腺機能が低下する橋本病に見られる数値の出方でした。

若い時バセドウ病だった人がおばあさんになって橋本病になるのはよくあること、と主治医には毎回のように聞かされてきましたが、まだ全然おばあさんになったつもりはないのに、もう??という気分です…苦笑

とは言っても、今すぐ甲状腺ホルモンを補うような薬を飲む必要もなく、しばらく経過観察でいいようです。
予備軍ということもあり、すぐに治療が必要なバセドウ病と違い、穏やかなものです。


■今回異常だった項目(H:基準値より上/L:基準値より下)
・抗サイロG抗体精密:H
・TSH:L
・F-T3:L

今まで、「サイログロブリン精密」という甲状腺に異常があると高くなる項目が、他の項目が基準値に入った後もずっと基準より高い異常値だったのですが、今回それに対する抗体が出現して高値になり、その代わり「サイログロブリン精密」は下がったのでした。
また甲状腺を働かせる「TSH」が低下。
本来は甲状腺ホルモン(FT3/FT4)が高値になると、もうホルモン出さなくていいや〜、と「TSH」が低下するのですが、今回はFT3の値も低下してるから、「なんだろね〜」とはっきり状況がつかめません。

甲状腺ホルモンはちょっと高いくらいの方がテンションが上がっていいんだけど、低下するとだるーっくって無気力になるからこれ以上悪化したらいやだなぁ、と思っています。

う〜ん、ぼちぼちいかないと、ですね。
ちょっといろんなことをペースダウンしようと思います。


<甲状腺機能低下・関連記事>
2015.4月の検査通院
再び減薬(2015.5月の検査結果)

薬物中止1ヶ月半:受診間隔が2ヶ月に延びました(2016.7.13)
短い正常値期間でした…



フィジーから帰国して、「やっぱり和食はいいなぁ」と感じます。
図書館で借りたことのある、帰宅してから作れる和定食のレシピ&手順書ですが、もう一度作りたくなったので購入しました。
笠原さんのお料理は、関西人の私には心から美味しいと思えるホッとする味です。

posted by youzi at 08:36 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年09月25日

<鉄棒>前回りが、できた!!

保育園ではお友達が続々と逆上がりができるようになっているところですが、周回遅れなみっちゃんはまだ前回りはできず、豚の丸焼きも怪しい感じであります(汗)。

IMG_2098.JPG

先週担任の先生に、「以前鉄棒から落ちたことがあって、鉄棒を怖がってやろうとしない」ということを伝えました。
先生は、「それでいつも鉄棒を躊躇してたんですね」、と納得のご様子でした。

すると、次の日保育園から帰ってきたみっちゃんが、補助ありで前回りができた、と報告してきました。
え?前回りって鉄棒の?、と確認すると、そうだと答えるみっちゃん。えーっまさか(心の声)。
ママも保育園と同じように補助してみっちゃんが回るところ見たいから、先生がどうやって補助したのか教えて、と尋ねてみました。
すると、なんと鉄棒の下にクッション性のあるマットを置いた上で補助をして下さったそうです。笑
みっちゃんの鉄棒に対する恐怖心ができるだけでないように、工夫して下さったんだと思います。
みっちゃんはそのマットがすごく嬉しかったようで、とても興奮して話してくれました。

保育園の先生…ほんとに涙が出るほどいつもよくして下さって、こちらも勇気付けられます。
卒園まであと半年ありますけど、もういつでも泣けるスタンバイOKです。笑

日曜日、久々に晴れましたね。
運動会の課題の練習をしてもらいたいので、外に連れ出したいのですが、連日の雨と、根っからのインドアなみっちゃんをその気にさせるのにいつも苦戦しています。
でも、なんと日曜日はみっちゃんから
「鉄棒やりに行こう」
と言ってきました!!き、奇跡!!

みっちゃんの気が変わらぬうちにと、すぐに公園に行きました。
YouTubeで前回りの補助の仕方の動画を見て参考にし、補助ありで何度も練習しました。
もう補助いらなそうだな、と思いながらその時を待っていると、ついにみっちゃんから
「もう支えないで」
と言ってきました。
その後、補助なしでも何度も成功して、みっちゃんもとても嬉しそうでした。

振り返ると、鉄棒の前回りには、みっちゃんにはいくつかのハードルがありました。


1.ジャンプして鉄棒を腰の位置まで持って行けない

「トランポリン飛ぶ時みたいに真っ直ぐ上にジャンプして」
と、アドバイスしました。
はじめは、みっちゃんの腰を後ろから持ち、「1、2、3!」でジャンプさせ腰の位置に鉄棒が来るように持ち上げ、支えました。
繰り返すうちに少しずつコツを掴んだようです。


2.ジャンプの後、腕の力と腰の支えを使った姿勢の維持ができない

腕の力が弱いのと、腕の力に頼りすぎているのもあって、鉄棒に乗った姿勢を維持できないようでした。
「お腹に力いれてごらん」と言いながら、みっちゃんの後ろから(ジャンプの支えの時は後ろ)、横に回り、胸と、裏側の太ももからひざの辺りを両手で支えました。

3.怖くて回れない

親指は他の4本の指と向き合うように握れば「鍵がかかる」から外れないよ、絶対に手は離さないで、とアドバイスしました。
そして、回る時に胸に手を添えてあげると安心するようでした。
回った後も、「手をしっかり握って」と言い続けました。


かくして、みっちゃんは前回りができるようになったのでした。
え?逆上がり?
もうそんな贅沢は言いません。笑

はぁ、よかった。

運動会まではもうあまり日がありませんが、みっちゃんがやる気になった時のために、 引き続き常時臨戦態勢でいようと思います。


<関連記事>
スキップできた(5歳9ヶ月)




今年の夏は雨ばかりでしたね…
朝起きて雨が降ってる日は、レインコートや通勤服に防水スプレーをして浴室に吊るしておいてから、他の支度を済ませています。
消耗が激しいので他の日用品購入のついでにこちらも買いました。

posted by youzi at 22:01 | Comment(0) | 子育て>6歳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。