2015年12月31日

夢叶う:親子2代・初映画館映画は「スター・ウォーズ」!

私が映画館で初めて観た映画は、1983年に公開された「スター・ウォーズ」のエピソード6で、当時私はおそらく3歳でした。

初めての大きなスクリーン、暗い部屋、大音響ってだけで3歳児には刺激強すぎなのに、よりによって激しい戦闘シーンのあるSF映画。完全に父の趣味で連れて行かれました。映画館の記憶は、気持ち悪いジャバと、かわいいイウォーク、そして森の中をスピーダーに乗って走り回るトルーパー、という断片的なシーンだけで、とにかく「怖かった」ということしか覚えていません。(中座したのかも知れないですね)

そんな怖い記憶のスター・ウォーズですが、今では大好きな映画になっています。
私の父は、自宅のリビングを防音構造にしてシアタールームにしてしまうくらい映画好きで、テレビで洋画劇場が放映される日はでっかいリアプロテレビで、放映がない日は手持ちの映画のレーザーディスク(まだDVDがない時代)をプロジェクターからスクリーンに映して、毎週末のように上映会をしていました。
「スター・ウォーズ」は、父だけでなく、弟も大好きだったことで、実家で何度も観て、観るたびにそれぞれのキャラクターや世界観に少しずつひかれ、どんどん好きな映画になっていきました。

そんな大好きなスター・ウォーズ、みっちゃんが生まれてしばらくしてから続編の噂が流れました。
その時から、「もしスター・ウォーズに続編が出たら、みっちゃんの初映画館映画にしたい!!」と秘かに企んでいたのですが…
12/29に、ついに、実現しました☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
image.jpeg
ポップコーンモグモグしながら鑑賞。

みっちゃんはとあるシーンで声を上げて大号泣をしてしまいましたが、馴染みのファルコン号やX-wingの登場に目を輝かせていました。
私も…感無量でした。キャラクターはもちろん、彼らのセリフのひとつひとつ、バックで流れる音楽…どこもかしこも映画館で観られることが嬉しくて、久々にすごく興奮してしまいました…!
ep7〜9は、1〜3よりも「旧3部作を確実に踏襲しているスター・ウォーズ」という感じがして、すごく好き、ツボでした。
なお、みっちゃんと行ったので吹替版(3D)でしたが、吹替、良かったです。

親子で熱くなれるものがあるっていいですね!ささやかな夢でしたが、叶って嬉しいです。
結婚当初はスター・ウォーズ見たことなかったパパを、少しずつ洗脳してスター・ウォーズ好きにしておいて良かったです。家族で楽しめました。

ちなみに、28日にお休みだったパパとみっちゃんは、2人でそれぞれの自転車に乗ってソラマチに行きました。みっちゃんは片道3kmの道のりを自転車こいだご褒美に、スター・ウォーズのお茶碗と小皿を買ってもらい、今日も楽しくダース・ヴェイダーとご飯を食べました。笑


<関連記事>
実家よさらばー
我ら兄弟が育った実家。子供4人が巣立ってから、売ってしまいました。
初EP6鑑賞直後の4歳児レゴ作品
図書館でスター・ウォーズの飛び出す絵本を見つけた
スター・ウォーズ展 @六本木ヒルズに家族で行ってきました




posted by youzi at 00:06 | Comment(0) | 子育て>5歳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年12月28日

2015年仕事納め

2015年、仕事納めの朝ごはんは1人で食べてきました。
パパが先週末で仕事納めにしたので、みっちゃんも保育園納め(?)をして今日は2人はお休み。私が出るまで爆睡でした…いってらっしゃいもなしですよー

今日は午前中に適当に仕事をしたら、午後から大掃除、その後居室内で軽く納会です。
先週末は、今年新しく入った人事総務の男性社員と派遣さんに少し時間をもらって年末調整事務の総括をしました。
お2人に手伝ってもらったところと、私の方で作業したこと、チェック漏れのあった箇所などを共有したあと、それぞれに作業をして気付いたことなどを話してもらいました。15分くらいのつもりでしたが、年末調整のことだけでなく、お2人から勤怠管理と給与計算事務について意見がたくさん出て、業務フローについて改善すべき点、来年重点的に改善したいところを話し合い、結局1時間くらい使ってしまいました。
でも、今まではこういった形で改めて時間を設けて目標設定みたいなことができていなかったのでいい機会になりました。
ルーティン業務を極力滞りなく粛々と進め、突発的な労務トラブルなどに対応したり、新しい人事制度業務に時間が回せるようになることが入社して以来の目標でしたから、今年の後半からそれがかなり実現できてきたと感じます。

今年は自分の休職と、上司の退職がありましたが、そんな中でいいチームができつつあることはとても喜ばしいことで、個人的な手応えも感じることができました。
ピンチのあとにチャンスあり、もがき続ければいいことがありますね。
今年もいい1年でした。


<関連記事>
仕事、辞めないでよかった

posted by youzi at 09:01 | Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年12月26日

初めて付録目的で雑誌を購入:2月号MAQUIA(590円)に4500円分の美容液!

近頃口元の横の毛穴同士がつながって、シワに進化(いや、老化だろ)することを心配している、もうすぐ36歳です。

元々美容意識は、高くないので半身浴どころか湯船につかるのも、シャワーすら面倒、お肌のお手入れなんてもっとめんどくさい私です。

産後は「粉ふかなきゃOK」と、「オールインワン」タイプの基礎化粧に頼って6年、肌の老化は見ないようにしてきましたが、近頃口元横の毛穴に気付いてしまいました。
皮膚がたるんで毛穴が細長くなり、さらに隣り合う毛穴同士が今にも合体して深いシワに進化(老化だけど)しようとしているのです。
30代でこれは先走り過ぎ。

でも、とにかく無精者なので、ステキな化粧品を買ったところで続かない可能性が大きい。
しかも、アンチエイジング系の美容液とかって、びっくりするくらい高価ですね…

そんな私に、飛び込んできました、美容雑誌マキアの広告が。


【MAQUIA2月号特別付録@リバイタル グラナス セラム】
リバイタル グラナス セラム×頬のばしエクサで、口角の上がったHAPPYフェイスに!
美容効果の高いエキスを贅沢に配合したセラムは、なじませると、うるおいとしなやかなハリ感を感じさせてくれます。表情美人な肌を目指して。


g(グラム)あたり500円の美容液が9g、つまり4500円分ついてくるといううたい文句に乗せられて雑誌を買ってしまいました。
美容液は1回で4プッシュ使うそうなので、朝晩使うと1週間ほどでなくなってしまいました。
たった3日で何年もサボった肌が回復するはずはありません。
でも、肌状態に応じた化粧品の馴染ませ方ってあるんだな、という発見がありました。
特に、「片手で頬を引き上げて、ほうれい線をのばし、細部までオン。」とか。
あーしわの溝になってるとこにも丁寧に馴染ませるんだ、なるほど、と思いました。

付録は、そんな感じで早々に使い終わってしまいました。
誌面はですね…情報てんこ盛り過ぎて、美容の1000本ノックに耐えかねてギブアップ。読み切れていません。
みなさんの美容に対する姿勢にひたすら敬服した次第です。
「コスメの片付け50問50答」という特集は面白く、自分が持ってる古いコスメを「捨てよう!」と決意させてくれたので有意義でした。

付録の美容液がなくなったけど、誌面で紹介されているステキな美容液には手が出ないので、口元のシワ対策には、これを買ってみました(誌面とは無関係です)。

化粧ノリは良くなりましたが、今の所毛穴に変化はありません。顔に塗るついでに全身に使ってたら太ももがムダにぷりっぷりになったので、使い続ければ効果が出るかも知れません。

そもそも、急いでいる時や体調が悪い時など、元々使っている化粧品をちゃちゃっとしか付けておらず、しっかり馴染ませてないのが、著しい老化の原因のような気がします。
今愛用している化粧品を、きちんと使用方法にならって、落ち着いて馴染ませるところから始めようと思います。


<関連記事>
ママの朝支度を時短!
普段のお手入れはP.G.C.Dの美容水とココナッツオイルのみでした。
カサつくことはないのですが、年相応に保たせるためにはもっと入念に馴染ませる必要がありそうです。


一時品切れで買えなかったブラウンシュガーファーストのココナッツオイル。
香りが甘ったる過ぎず食べてよし、全身に塗ってよし。

posted by youzi at 07:50 | Comment(0) | beauty・fashion | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。